キッチンリフォームの流れについて

キッチンリフォーム工事

マイホームを購入したばかりの頃は、キッチンも新しくきれいなので不満などを感じません。しかし、年数が経過していくと、古くなり水漏れなどのトラブルも発生しやすくなります。キッチンをリフォームする場合、多くの人は専門業者に工事を依頼しています。工事の流れはリフォーム業者ごとに異なることもありますが、基本的に工事の流れは同じです。新しく設置するキッチンをホームセンターやメーカーなどのショールームなどで見学し、リフォーム業者に現場調査をしてもらいます。

 

現場調査は見積もりをだすためには必要な工程で、複数のリフォーム業者に見積もりを依頼するようにしましょう。提示された見積もりの中から、依頼する業者を決定し契約を結びます。実際に工事を行う日程なども、契約する時に打ち合わせも行われます。リフォーム工事で最初に行われるのが、室内に傷などがつくのを防ぐための養生です。養生は、ブルーシートやクッション性の高いプラスチックでできている段ボールなどを使って進められます。しっかりと養生をしたら、古いキッチンの解体作業です。

 

解体する前には、ガスや水道などの元栓を閉める作業も行われます。解体し撤去した後は、水道やガス管などの位置の確認です。新しく設置するキッチンと配管などの位置が違う場合は、配管などの移設工事がこの時に行われます。床や壁などの状態も確認され、傷んでいたりパネルなどが設置できない時は改修工事が必要です。配管などの確認の後は、新しく設置するキッチンに合わせて切断されたパネルを壁に1枚ずつ貼り付けていきます。次に行われるのは、キッチンを搬入し組み立てる作業です。組立が終了したら、給排水管やガス管や電気の配線などを接続していきます。壁との隙間にコーキングやクロス貼りをし、保護シールなどを剥がしたらリフォーム作業の終了です。キッチンリフォームでは、これらのリフォーム作業を3日程度の流れで進められています。

キッチンリフォームと価格相場

キッチンリフォーム依頼

キッチンリフォームを本格的に行うときには、どのくらいの価格相場になっているかを確認しておくことが重要になります。水回りの場合は、住宅のほかの部分に比べてもお金がかかりやすいのが特徴になりますので、実際に見積もりを取ってみた段階で想像以上に高かった場合などは計画がとん挫してしまう可能性もあるでしょう。このようなことを避けるために、あらかじめ相場を確認しておくことで、計画的に事を進めることができます。

 

キッチンにもさまざまな種類がありますが、賃貸住宅などに利用されているものに関しては標準的な金額でも60万円から70万円くらいと考えておいた方がよいでしょう。本体だけであればもう少し安く購入することはできますが、設置をする場合に素人が行うのは難しいためプロにお願いすることになります。この時の設置費用はおよそ2万円から3万円と考えておいた方がよいです。取り外しをすることも考えて1日で行うことができる可能性もありますが、2日ぐらいはかかると考えた方がよいかもしれません。

 

これに対して、一戸建て住宅や分譲マンションなどで使う少し大きめのキッチンの場合には、80万円から100万円までの幅があるのが標準的です。最近は、食器洗い機などが標準で付いていることが多いですが、それでも90万円も出せばそれなりに良い物を購入することができるでしょう。取り付け費用に関しても、やはり賃貸住宅と同じぐらいの費用がかかると考えて間違いありません。素材が豪華なものであれば200万円ぐらいすることもありますが、よほどこだわりがなければそこまでのお金がかかることはありません。ただし、水回りの変更を行い場所を移動させる場合には水道管の引き直しなどを行うことが考えられるため、2倍ぐらいの料金がかかってしまうことを想定しておいた方がよりです。排水管は一定の傾斜が必要ですので、傾斜の角度が足りない場合には配水管の引き直しも行います。

キッチンリフォーム中はキッチンは使えない?

キッチンリフォーム申込

キッチンリフォーム中は、基本的にキッチンが使えない状態になるのでガスやコンロ、シンクなど全て利用することができません。その理由としてキッチンリフォームというのはキッチン台やシンクなどの調理をする場所だけでなく、ガスや電気を使ったコンロやIHクッキングヒーターそのものを機械ごと取り替えることになるからです。配線を既存のものから新品に取り替えることになるので、調理だけでなく食器洗いなども行うことができません。ただキッチンリフォームは住宅に住みながら行うことができますし、最長で3日ほどしかかからない工事です。キッチン台を取り替えるときにある程度の音は出ますが、住んでいてもそれほど苦になることもないリフォームになります。

 

キッチンにある水道は使うことができませんが、洗面所やトイレなどは普段と同じように使用できますし、電子レンジでの調理も可能です。そのためキッチンを使うような料理は作ることができませんが、電子レンジを使った料理やお湯を沸かして食べるカップ麺などは食べることができますし、洗い物も洗面所で済ませることができます。またガスボンベのコンロやホットプレートを使うという方法もありますから、それほど普段の生活よりも不便だと感じることはありません。

 

ただ家族に乳幼児がいたり介護をしている人がいるので、キッチンをできれば使いたいということがあります。そんな時はリフォーム業者に相談をして、ガスコンロを残してもらったりシンクを最後に運び出すという配慮をしてもらうこともできます。そして優先的に新しいキッチン台を搬入してもらい、水道や電気の配線を行ってもらいます。そうすることで1晩、もしくは1日くらいだけしか水道やガスコンロを使えない状態ということになるので、日常生活に支障をきたしません。キッチンリフォームを行うときに、打ち合わせの時にあらかじめ業者に相談をしておくと、対応してくれるので安心です。

どんな雰囲気のキッチンにしよう…お勧めのキッチンカラーとは

キッチンリフォーム料金

新しい家を建てたり、リフォームを行う場合キッチンは重要な役割であり女性ならこだわる方も多いのではないでしょうか。キッチンを選ぶに当たってカラーを選ぶのは楽しみでもあり、慎重にもなります。一番人気のあるカラーは、白が多く白は空間を広く見せる色でもあります。他のインテリアにも馴染みやすく、選びやすい色の一つです。清潔感のあるキッチンの雰囲気に、非常に適しているためいつまでも綺麗に使いたく色とも言えるでしょう。

 

また、フローリングの色と合わせることで統一感を持たせるという方も多くなっています。特に、木目調のものは人気が高くおしゃれな雰囲気を演出してくれます。それに合った、食器やキッチンツールを選ぶのも一つの方法であります。木目調のものは、汚れが目立たないという点でもお掃除の手間を省くことができると言えます。他にも、パステルカラーや濃い色のキッチンカラーを選ぶ方も多く個性的なお部屋にしたいという方には大変人気です。パステルカラーは、キッチンに立つのが楽しくなるような色が多く女性で選ぶ方は少なくありません。今までとは、違う雰囲気を味わいたいという理由から、リフォームで替える方も多いですよね。

 

そして、キッチンは日差しの向きなどによっても狭く見えたり広く見えたりするため色を選ぶ場合には事前にシュミレーションをすると失敗は少ないです。風水などにこだわる方もいますから、どんな色が適しているのか事前にリサーチするのも良い方法でもあります。そこで、マットか艶があるタイプのものかも見てみると良いでしょう。様々な角度から、とんな色が合うのか見るのもワクワクしますね。このように、キッチンカラーと言ってもたくさんの種類があり自分の好きな色とマッチするから判断出来ないこともあります。プロの方に相談の上、慎重に選ぶことが重要でもあります。特に、女性が毎日立つ場所ですから奥様のご意見が一番大切なのではないでしょうか。

”MOCO'sキッチン”のキッチンがおしゃれな理由

キッチンリフォーム見積もり金額

料理番組にも色々な種類がありますが、特に人気俳優の速水もこみちさんが毎朝個性的な料理を作るMOCO'sキッチンは人気の高い番組です。毎回変わった料理が登場することでも人気ですが、その人気の要因のひとつにはキッチンがおしゃれであるということもあげられます。MOCO'sキッチンのキッチンがおしゃれな理由としては、まずテレビ番組ということもありますので、視聴者にしっかりとアピールできることも大事です。家庭でのキッチンは実用性が重視されて作られることが多いですが、こちらはテレビ用のセットということもあり、実用性よりも見た目を重視しているということもあげられます。シンプルなキッチンよりもおしゃれさが重視されたキッチンはより楽しく、視聴者側の目がテレビに向きやすいという効果も期待できます。

 

さらに、料理をしている速水もこみちさんが美男で長身ということもさらにおしゃれ感をプラスしているとも言えます。そして料理の手際も非常に良く、スタイリッシュに調理を行っているということも理由のひとつとなるのではないでしょうか。番組で調理で使われているキッチングッズも高級品が使われていること、見た目が良いものが選ばれているということも、よりカッコよく見せるポイントと言えるでしょう。

 

それから、家庭のキッチンではつい生活感が出てしまいますが、MOCO'sキッチンでは収納もおしゃれにしており、生活感が感じられない、おしゃれなカフェのように仕上がっているということもあげられます。調理に使われているスパイスやオリーブオイルも一般家庭ではあまり使われていないものも登場し、それが憧れ感をアップさせていることも考えられますし、調味料の容器までこだわりを持っておしゃれなものが選ばれています。この他では盛り付けに使われる食器類も変わったデザインのものが用意されており、盛り付けも華やかに大胆に行われていることもおしゃれに見えることにつながっていると言えるでしょう。